コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老名市立郷土資料館 海老名市温故館 えびなしりつきょうどしりょうかん えびなしおんこかん

1件 の用語解説(海老名市立郷土資料館 海老名市温故館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

えびなしりつきょうどしりょうかん えびなしおんこかん 【海老名市立郷土資料館 海老名市温故館】

神奈川県海老名市にある資料館。昭和57年(1982)創立。地域の考古・歴史・民俗資料を収集・保存・展示する。建物は大正7年(1918)に建てられた海老名村役場庁舎を改修・移築したもの。名前は大正10年(1921)に設立された、相模国分寺跡の遺物を展示する陳列館「温故館」にちなむ。
URL:http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1309134389326/
住所:〒243-0405 神奈川県海老名市国分南1-6-36
電話:046-233-4028

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海老名市立郷土資料館 海老名市温故館の関連キーワード神奈川県海老名市今里神奈川県海老名市大谷神奈川県海老名市勝瀬神奈川県海老名市上郷神奈川県海老名市国分南神奈川県海老名市社家神奈川県海老名市中央神奈川県海老名市中野神奈川県海老名市本郷神奈川県海老名市望地

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone