コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老根・蝦根 えびね

大辞林 第三版の解説

えびね【海老根・蝦根】

ラン科の多年草。林床に自生する。根茎に節があり、その形をエビにみたてる。葉は二~三枚根生し、長楕円形で、縦ひだがある。5月頃、花茎を出し、紫褐色または赤褐色で唇弁の白い花を一〇個ほどつける。観賞用に栽培され品種も多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海老根・蝦根の関連キーワード赤褐色多年草ラン科花茎品種林床唇弁根茎

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android