コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海賊を日本の裁判で裁く経緯

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海賊を日本の裁判で裁く経緯

襲われたタンカー商船三井が運航していたが、中米バハマ船籍で乗組員も外国人だった。海賊をどの国が裁くかを定める国際的ルールがなく、バハマも受け入れを拒否したため、米軍に拘束された自称ソマリア人4人を日本が引き受けることになった。海賊対処法は公海上の海賊行為を日本の法律で処罰できると定めており、海上保安庁が初めて適用し、4人を逮捕した。

(2013-01-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android