コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海軍日記

1件 の用語解説(海軍日記の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海軍日記

一般の日記帳の海軍版で、太平洋戦争中、下士官向けに大量に発行され、兵士たちが基地の売店などで購入したとみられる。防衛省防衛研究所によると、海軍の監修で民間が販売していたため、発行数は不明だが、残存するのは珍しいという。編纂(へんさん)にあたった「興亜日本社」(現・日本出版社、東京)にも現物は残っていないという。

(2011-02-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海軍日記の関連キーワードガダルカナル島司政官大東亜戦争ニミッツ仕訳日記帳ミッドウェーRIMPAC最後の特攻隊中野五郎平出英夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone