コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海野勝

美術人名辞典の解説

海野勝

彫金家。水戸生。号は東華斎・芳州。初代海野美盛・萩谷勝平等に学ぶ。のち東京に出て諸法の彫法をきわめ、写実風の優雅な作風で知られた。ことに片切彫象嵌の技法を用いたものに特色がある。代表作に『蘭陵王置物』がある。東美校教授・帝室技芸員。大正4年(1915)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

海野勝の関連キーワード萩谷勝平(初代)清水南山(2)岡部 覚弥5月15日清水亀蔵向井勝幸岡部覚弥清水南山海野珉乗加納夏雄海野清水戸彫廃刀令

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android