浸食・浸蝕(読み)しんしょく

大辞林 第三版の解説

しんしょく【浸食・浸蝕】

( 名 ) スル
侵食」に同じ。
地表が風や水などの自然現象により削り取られること。雨食・河食・雪食・氷食・風食・波食などがある。 「 -作用」 「風浪に-された断崖だんがい」 〔同音語の「侵食」は他の領域を徐々に侵すことであるが、それに対して「浸食」は地表が風雨などの自然現象により少しずつ削り取られていくことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android