コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消えた高齢者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消えた高齢者

東京都足立区で7月、戸籍上111歳とされる男性の白骨遺体が見つかった。これを機に全国の自治体が高齢者の安否確認を始め、住民票や戸籍が残っている死亡者や行方不明者が多数判明。法務省は9月、100歳以上で戸籍が残っていながら住所の記載がなく、すでに亡くなっているとみられる記録が約23万4千人分あったと発表した。一方、警察庁によると、身元不明の遺体は2009年に全国で1135体届け出を受け、過去10年は毎年1400~1千人ほどで推移している。後日身元が判明するケースは15%程度にとどまるという。

(2010-12-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

消えた高齢者の関連キーワード東京都足立区無縁社会

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android