コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消えた高齢者

1件 の用語解説(消えた高齢者の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消えた高齢者

東京都足立区で7月、戸籍上111歳とされる男性の白骨遺体が見つかった。これを機に全国の自治体が高齢者の安否確認を始め、住民票や戸籍が残っている死亡者や行方不明者が多数判明。法務省は9月、100歳以上で戸籍が残っていながら住所の記載がなく、すでに亡くなっているとみられる記録が約23万4千人分あったと発表した。一方、警察庁によると、身元不明の遺体は2009年に全国で1135体届け出を受け、過去10年は毎年1400~1千人ほどで推移している。後日身元が判明するケースは15%程度にとどまるという。

(2010-12-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消えた高齢者の関連キーワード足立区綾瀬川千住AOTS石出吉胤宇田川玄中小泉理永下川馬次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消えた高齢者の関連情報