コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消し けし

大辞林 第三版の解説

けし【消し】

消すこと。 「 -ゴム」 「火-」
文字などを消した跡。 「見舞の状を書きかけ、-の出来たのを引裂いて/油地獄 緑雨
囲碁で、相手の模様を狭めるためにその周辺に石を打つこと。また、その着手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

消しの関連キーワードラビット たいへんよくきえました消しゴムラビット フォームイレーザーダブルステッドラー 鉛筆型ハケ付きラビット 小学生学習字消しノリスクラブ 消せる色鉛筆ユニ・アーテレーズカラースーパーマルチ消しゴムプロパス・イレイサブルラゾプラスト コンビマークシート消しゴム灯火管制・燈火管制エラトステネスの篩キャンドルナイトモノ ノンダストクーピー色鉛筆消し口を取る消し粉蒔絵砂消しゴム練消しゴム火を落とす

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消しの関連情報