コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消滅の危機にさらされている言語

1件 の用語解説(消滅の危機にさらされている言語の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消滅の危機にさらされている言語

ユネスコが2009年、世界に6千前後あるとされる言語を調べ、約2500の言語が消滅の危機にあると公表した。日本語のように広く話されている言葉の中でも、遠隔地で話されている方言は独立した言語としてリストに含まれた。「極めて深刻」「重大な危険」「危険」「脆弱(ぜいじゃく)」のランクがあり、日本ではアイヌ語が「極めて深刻」、沖縄の八重山語と与那国語が「重大な危険」、八丈語や奄美諸島の奄美語など五つが「危険」に分類された。

(2011-01-29 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消滅の危機にさらされている言語の関連キーワードキネスコープネス湖ユネスコシネスコ世界自然遺産世界文化遺産MABユネスコの無形文化遺産ユネスコ記憶遺産事業(MOW)ユネスコ無形文化遺産

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone