コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消滅の危機にさらされている言語

1件 の用語解説(消滅の危機にさらされている言語の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消滅の危機にさらされている言語

ユネスコが2009年、世界に6千前後あるとされる言語を調べ、約2500の言語が消滅の危機にあると公表した。日本語のように広く話されている言葉の中でも、遠隔地で話されている方言は独立した言語としてリストに含まれた。「極めて深刻」「重大な危険」「危険」「脆弱(ぜいじゃく)」のランクがあり、日本ではアイヌ語が「極めて深刻」、沖縄の八重山語と与那国語が「重大な危険」、八丈語や奄美諸島の奄美語など五つが「危険」に分類された。

(2011-01-29 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

消滅の危機にさらされている言語の関連キーワード自動車事故背泳吹雪バタフライ山田朱莉学校法人染料工業登録記念物CitrusKissEXILETETSUYA

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone