コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費税の免税制度

1件 の用語解説(消費税の免税制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消費税の免税制度

中小企業の負担を軽くするために導入された。1997年4月から、資本金1千万円以上の新設会社は消費税の申告が必要になったが、1千万円未満の会社は2年間、支払いが免除されている。脱税事件は後を絶たず、検察庁への告発は11年度までの5年間で47件。税逃れを防ぐため、来年4月以降の新設会社は、親会社の売上高によっては免税が認められなくなる。

(2013-06-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消費税の免税制度の関連情報