コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費者主権 しょうひしゃしゅけん

大辞林 第三版の解説

しょうひしゃしゅけん【消費者主権】

消費者が何をどれだけ買うかは完全に消費者の主権に属するものであり、これが企業の生産体制を決定すると考える厚生経済学の用語。自由市場経済に規範的価値を与える。
企業に対して消費者の利益を保護する制度を実現するよう行政に求める消費者運動のスローガン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消費者主権の関連情報