コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消防の広域化

1件 の用語解説(消防の広域化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消防の広域化

これまでの小規模消防本部や指令センターでは、人員配置や態勢に限界が出ていることから、現在、県内の市町にある27カ所の消防本部や23カ所の指令センターを統合し、代わりに各消防署に隊員や車両などを手厚く配置して効率化を図る狙い。06年6月に施行された改正消防組織法に基づく。国は12年度中の実現を目指していて、県は今年度中に推進計画を定めるよう求められている。

(2008-01-30 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消防の広域化の関連キーワード合奏ガスバーナー小規模小規模企業消防署消防長FRIサイマルラジオ総務省消防庁の広域化指針日本法教育研究センター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消防の広域化の関連情報