コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消雪パイプ しょうせつパイプ

2件 の用語解説(消雪パイプの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しょうせつパイプ【消雪パイプ】

道路などへの積雪を防ぐために、地面直下に埋設されたパイプのこと。地下水が通されており、降雪時には地面に対して散水を行う。融雪パイプ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消雪パイプ

水温10度以上の地下水を路上に流し、雪を溶かす。61年、長岡市に全国で初めてつくられた。旧長岡市の市道に設置されているのは71キロ。町内会やマンションなど民間のパイプ部分は214キロ。一冬の揚水量は2700万トン(東京ドーム22杯分)。市の調査では「散水量の24%、稼働時間の30%が必要以上に使われている」とされている。

(2006-01-28 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消雪パイプの関連キーワード地下水地下水面駐車場被圧地下水下水管自由地下水地下水の利用諫早市の地下水くみ上げ規制条例案集水井地下水温

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消雪パイプの関連情報