コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体コンパス えきたいコンパス

大辞林 第三版の解説

えきたいコンパス【液体コンパス】

航海計器の一。磁石と方位目盛りを記したカードを液中に封じてあるコンパス。それまでの乾式コンパスに代わり、1905年以後普及。強力な磁石を用い指北力が強く、また、液体の緩衝作用によって機関の震動による影響が避けられる。液体羅針儀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

液体コンパスの関連キーワードコンパス(羅針盤)磁気コンパス乾式コンパス緩衝作用航海計器磁石震動

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android