コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淀川水系4ダム計画

1件 の用語解説(淀川水系4ダム計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

淀川水系4ダム計画

総事業費は大戸川が1080億円、天ケ瀬430億円、川上1230億円。丹生は当初、1100億円で計画されたが、治水専用か貯水型か未定のため、変更される。大戸川ダムは68年に計画されたが、大阪府などが利水から撤退し、国は05年に事業凍結をいったん決めた。07年に治水専用の穴あきダムとして建設する方針に転じた。水没予定地の55戸が移転。すでに用地取得費などに約600億円が投入されている。国交省近畿地方整備局諮問機関淀川水系流域委員会は4月に4ダム計画を「不適切」とする意見書を提出したが、国交省はこれを考慮せずに6月、4ダム計画を盛り込んだ河川整備計画案を発表した。

(2008-11-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淀川水系4ダム計画の関連キーワードJR福井駅西口再開発事業大多喜ダム淀川水系4ダム大戸川ダム成瀬ダムITER計画大分川ダム補助ダム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone