淋しい・寂しい(読み)さみしい

大辞林 第三版の解説

さみしい【淋しい・寂しい】

( 形 ) [文] シク さみ・し
〔「さびし」の転。中世末期から現れる形〕
さびしい」に同じ。 「ひとりぼっちで-・い」 「 - ・い夜道」 「私共が御一所でなくて、お-・くは有りませんでしたか/片恋 四迷」 「光を出る風ぞ-・しき/草根集」 〔「さびしい」 「さみしい」の両形のうち、古くからある「さびしい」を標準的語形とする見方が強かったが、最近は両形が同様に用いられるようになっている〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android