コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淘汰係数(生物の) selection coefficient

法則の辞典の解説

淘汰係数【selection coefficient】

遺伝子型の間に適応度の相違がある場合,最大の適応度を1として,ある遺伝子形の適応度がそれよりどのくらい低いかを示す尺度をいう.

「メンデル集団」を考えて,対立遺伝子Aとaの頻度を pq とする(pq=1).劣性ホモ接合のaaの適応度がAAやAaに比べて小さな値(1-s)となったとき,この s を淘汰係数という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android