コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡水カイメン(淡水海綿) たんすいかいめんfresh‐water sponge

世界大百科事典 第2版の解説

たんすいかいめん【淡水カイメン(淡水海綿) fresh‐water sponge】

海綿動物のうち,河川や湖沼に生息するタンスイカイメン科Spongillidaeに属する種類の総称。つねに水がゆるやかに流れている場所に生息し,湖沼では水が流入,または流出する付近に見られる。水草,石や諸施設などに付着していて,同一種が世界各地に広く分布する傾向がある。世界で約150種,日本で25種が知られている。 形は塊状,盤状,樹枝状などであるが,水温の変化や水の流動によって外形が変化し,骨片や骨格の強度にも影響が生ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android