深沢 七郎(読み)フカザワ シチロウ

20世紀日本人名事典の解説

深沢 七郎
フカザワ シチロウ

昭和期の小説家



生年
大正3(1914)年1月29日

没年
昭和62(1987)年8月18日

出生地
山梨県東八代郡石和町

別名
芸名=桃原 青二,ジミー川上

学歴〔年〕
日川中〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
中央公論新人賞(第1回)〔昭和31年〕「楢山節考」,川端康成文学賞(第7回・辞退)〔昭和55年〕「みちのくの人形たち」,谷崎潤一郎賞(第17回)〔昭和56年〕「みちのくの人形たち」

経歴
中学卒業後上京し、流転の生活の中でギターを勉強。戦後も旅まわりなどをしていたが、桃原青二の名で日劇ミュージックホールに出演。昭和31年姥捨てをテーマにした「楢山節考」で第1回中央公論新人賞を受賞、文壇に鮮烈にデビュー。35年「風流夢譚」で右翼テロの嶋中事件を誘発、一時身を隠す放浪生活に入る。40年埼玉県菖蒲町にラブミー農場を開き、46年には東京で今川焼屋を開業するなどの異色の活動で知られた。56年「みちのくの人形たち」で谷崎潤一郎賞を受賞。他の主な作品に「笛吹川」「千秋楽」「甲州子守歌」「庶民列伝」「人間滅亡的人生案内」「極楽まくらおとし図」など。デビュー作「楢山節考」は2度映画化され、今村昌平監督、坂本スミ子、緒形拳主演の再映画化作品は58年にカンヌ映画祭でグランプリを受賞した。「深沢七郎選集」(全3巻)、「深沢七郎傑作小説集」(全4巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

深沢 七郎 (ふかざわ しちろう)

生年月日:1914年1月29日
昭和時代の小説家
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深沢 七郎の関連情報