コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深沢晟雄(1905〜65年)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

深沢晟雄(1905〜65年)

旧沢内村に生まれ、東北大法文学部卒業。国内外の民間会社に勤め、地元に戻って農業に従事した後、村教育長、助役を経て57年の村長選で初当選。60年に65歳以上の老人医療費の無料化に踏み切り、61年に対象を60歳以上に引き下げる。62年に乳児死亡率ゼロを達成し、2期半ばで死去。村民の命を守るためにささげた半生は、「自分たちで生命を守った村」(68年、菊地武雄著、岩波新書)、「村長ありき――沢内村深沢晟雄の生涯」(84年、及川和男著、新潮社)などに詳しい。

(2007-08-24 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

深沢晟雄(1905〜65年)の関連キーワード12月11日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android