コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淵岡山・渕岡山 ふちこうざん

1件 の用語解説(淵岡山・渕岡山の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふちこうざん【淵岡山・渕岡山】

1617~1686) 江戸前期の儒学者。仙台の人。名は惟元・宗誠、通称は源右衛門。陽明学者中江藤樹の高弟。京都に塾を開いた。会津に多くの門人がいた。著「岡山先生示教録」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

淵岡山・渕岡山の関連キーワード小田原藩吉田半兵衛鳥取(市)中国の原木輸入量堀川運河ドナルド・マクドナルド・ハウスなごや奥村政信鹿の巻筆代物替え大学或問

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone