コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混交・混淆 こんこう

大辞林 第三版の解説

こんこう【混交・混淆】

( 名 ) スル
様々なものが入りまじること。区別すべきものを一つにすること。 「玉石-」 「公私を-する」 「雅俗の言語-し/獺祭書屋俳話 子規
〔contamination〕 意味・形態の似た二つの語・句または文がまぜ合わされて、新しい語・句や文ができること。「とらえる」と「つかまえる」とから「とらまえる」が、「便利だ」と「都合がいい」とから「便利がいい」ができる類。混成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

混交・混淆の関連キーワード獺祭書屋俳話混成玉石子規雅俗

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android