混物・雑物(読み)まじりもの

精選版 日本国語大辞典「混物・雑物」の解説

まじり‐もの【混物・雑物】

〘名〙 まじっているもの。異質のものがまじっているもの。主となっているものの中に、まざりこんでいるもの。まざりもの。
※源氏(1001‐14頃)常夏「まじりものなく、きらきらしかめる中に、大君だつすぢにて、かたくななりとにや」

まざり‐もの【混物・雑物】

記念碑(1955)〈堀田善衛〉「何ともいえず不愉快な、まざりもののある高飛車な態度に出る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android