コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添い臥し・副い臥し そいぶし

大辞林 第三版の解説

そいぶし【添い臥し・副い臥し】

( 名 ) スル
そいね。 「たぐひなやまがきに忍ぶ姫ゆりの-したる常夏の露/為尹千首」
東宮・皇子などの元服の夜、公卿などの娘を添い寝させること。また、その娘。のちに配偶者になることが多かった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone