コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添水・僧都 そうず

1件 の用語解説(添水・僧都の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

そうず【添水・僧都】

懸け樋などで水を引いて竹筒に注ぎ入れ、一杯になると重みで反転して水を吐き、軽くなって元に戻るときに石などを打って音を発するようにした仕掛け。もと農家で猪いのししや鹿しかをおどすのに用いられた。ししおどし。添水唐臼そうずからうす[季] 秋。 〔「僧都」とも書く〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone