コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添水・僧都 そうず

大辞林 第三版の解説

そうず【添水・僧都】

懸け樋などで水を引いて竹筒に注ぎ入れ、一杯になると重みで反転して水を吐き、軽くなって元に戻るときに石などを打って音を発するようにした仕掛け。もと農家で猪いのししや鹿しかをおどすのに用いられた。ししおどし。添水唐臼そうずからうす[季] 秋。 〔「僧都」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

添水・僧都の関連キーワードししおどし僧都

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android