添田 知道(読み)ソエダ トモミチ

20世紀日本人名事典の解説

添田 知道
ソエダ トモミチ

昭和期の作家,演歌研究家



生年
明治35(1902)年6月14日

没年
昭和55(1980)年3月18日

出生地
東京府本所区番場町

別名
筆名=添田 さつき(ソエダ サツキ)

学歴〔年〕
日本大学付属中学中退

主な受賞名〔年〕
新潮文芸賞〔昭和17年〕「教育者」,毎日出版文化賞(第18回)「演歌の明治大正史」

経歴
ノンキ節、ラッパ節で有名な演歌の元祖、添田啞蟬坊の長男。活版工、夕刊売り、文選工などに従事したのち、父の演歌活動に参加。復興節、ストトン節、東京節の作詞、編曲などヒット曲を手がける。昭和2年頃から文筆生活に入り、小説、エッセイ、演歌史のほか、香具師の生活など底辺文化に関する研究を発表。「小説教育者」で新潮文芸賞受賞、「演歌の明治大正史」で第18回毎日出版文化賞受賞。他の著作に「利根川随歩」「朝風街道」「香具師の生活」「ノンキ節ものがたり」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android