清元 お葉(読み)キヨモト オヨウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

清元 お葉
キヨモト オヨウ


職業
清元節太夫

本名
岡村 葉

生年月日
天保11年 1月

出生地
江戸(東京都)

経歴
2代目清元延寿太夫の娘として生まれる。6歳の時から初代清元延信に師事。安政4年(1858年)4代目清元延寿太夫と結婚、夫と協力して明治期の清元隆盛の基礎をつくった。また芸才に秀で、かつ美声で明治時代の音曲界の一名人に数えられ、市川九女八、3代目哥沢芝金と並んで女芸人の三幅対と称された。小唄も作曲し、「散るはうき」「あの花が」などがある。

没年月日
明治34年 5月2日 (1901年)

家族
父=清元 延寿太夫(2代目),夫=清元 延寿太夫(4代目),養子=清元 延寿太夫(5代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android