コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元延寿太夫(4代) きよもと えんじゅだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元延寿太夫(4代) きよもと-えんじゅだゆう

1832-1904 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天保(てんぽう)3年生まれ。江戸の人。清元節家元2代延寿太夫の娘清元お葉の婿。安政5年4代をつぐ。河竹黙阿弥(もくあみ)とくみ,「十六夜(いざよい)」「雁金(かりがね)」など,おおくの名作を初演した。明治24年2代太兵衛,26年延寿翁と改名。明治37年3月16日死去。73歳。旧姓は斎藤。本名は岡村源之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清元延寿太夫(4代)

没年:明治37.3.16(1904)
生年:天保3(1832)
幕末明治期の清元節の家元。江戸屈指の質屋,谷中の三河屋に生まれる。本名斎藤源之助。放蕩ののち,見込まれて安政5(1858)年2代目延寿太夫の次女のお葉に婿入り,4代目延寿太夫を襲名する。河竹黙阿弥と深く提携して「十六夜」「夕立」「三千歳」「雁金」など数多くの名作を生み出し,劇場音楽としての清元節の地位を高めた。明治24(1891)年2代目太兵衛,26年延寿翁と改名。養子の3代目栄寿太夫が5代目を継ぎ,名手といわれたお葉と共に数々の芸談を残した。辞世の句「気はかろし接木仕遂げてひぢ枕」。<参考文献>伊原敏郎・後藤寅之助編『唾玉集』,井口政治編『延寿芸談』

(竹内有一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

清元延寿太夫(4代)の関連キーワード清元 延寿太夫(4代目)清元 寿兵衛(2代目)清元 寿美太夫(初代)三笑亭 可楽(5代目)富士松加賀太夫(7世)清元 菊寿太夫(初代)清元延寿太夫(3世)清元延寿太夫(7代)富本斎宮太夫(3代)清元延寿太夫(6世)清元延寿太夫(5世)富本斎宮太夫(2代)清元延寿太夫(初代)清元延寿太夫(6代)清元延寿太夫(4世)清元延寿太夫(7世)清元斎兵衛(4世)清元栄次郎(初代)清元斎兵衛(2世)清元斎兵衛(1世)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android