コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元斎兵衛(4代) きよもと さいべえ

1件 の用語解説(清元斎兵衛(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元斎兵衛(4代) きよもと-さいべえ

1852-1909 明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
嘉永(かえい)5年生まれ。清元節。3代清元斎兵衛の門弟。初名は清元里寿郎。一時4代鳥羽屋里長(とばや-りちょう)を名のる。明治25年4代斎兵衛をつぎ,2代清元梅吉と4代清元延寿太夫立三味線をつとめた。明治42年8月死去。58歳。本名は三石里吉。作品に「花がたみ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清元斎兵衛(4代)の関連キーワード素浄瑠璃狂言浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃看板浄瑠璃世界世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃高橋桜州富士松魯中(2代)