コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元梅吉(初代) きよもと うめきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元梅吉(初代) きよもと-うめきち

1841-1907 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)12年生まれ。清元太兵衛(たへえ)の父。清元節。清元梅次郎の門弟。慶応3年梅吉から寿兵衛とあらためる。明治40年2月1日死去。67歳。本名は藤間藤次郎。作品に「宮比御神楽(みやびのみかぐら)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清元梅吉(初代)

没年:明治40.2.1(1907)
生年:天保12(1841)
幕末明治期の清元節の三味線方。藤間流の踊り師匠の子で,清元梅次郎の門弟。音はいまひとつだが,すこぶる達者な芸だったという。芝居の番付によると,慶応3(1867)年に名を寿兵衛と改め,明治3(1870)年,新進気鋭の高弟梅三郎に梅吉の名を譲った。8年「宮比御神楽」を作曲。晩年廃業したとも。実子は3代目清元太兵衛を名乗り,別派の清水派を立てたが一代で絶えた。その子は長唄三味線方で人間国宝杵屋栄二

(竹内有一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

清元梅吉(初代)の関連キーワード隅田川(能、歌舞伎舞踊劇)清元 斎兵衛(4代目)清元 寿兵衛(2代目)清元 梅吉(2代目)清元斎兵衛(初代)清元寿兵衛(2代)清元斎兵衛(4代)清元梅吉(4世)清元梅吉(2世)清元梅吉(3世)清元 登志寿太夫清元梅吉(3代)清元梅吉(4代)12月27日清元 太兵衛蓼 胡満喜清元栄寿郎5月20日明治時代隅田川物

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android