清元 志寿太夫(読み)キヨモト シズタユウ

20世紀日本人名事典の解説

清元 志寿太夫
キヨモト シズタユウ

大正〜平成期の清元節太夫(高輪派)



生年
明治31(1898)年4月25日

没年
平成11(1999)年1月2日

出生地
神奈川県横浜市

本名
柿沢 竹蔵

旧姓(旧名)
柿沢 竹次郎

別名
前名=清元 松喜太夫,掾号=志賀大掾

主な受賞名〔年〕
芸術選奨(第12回)〔昭和36年〕「高尾ざんげ」,日本芸術院賞〔昭和42年〕,勲三等瑞宝章〔昭和44年〕,NHK放送文化賞(第33回)〔昭和56年〕,文化功労者〔昭和57年〕,伝統文化ポーラ賞(十周年記念特別大賞)〔平成2年〕,勲二等瑞宝章〔平成6年〕,名古屋演劇ペンクラブ年間賞(特別選奨)〔平成6年〕

経歴
小学校卒業後、紙屋や経師屋などに奉公しながら清元のけいこに励み、大正12年清元流2代目喜久太夫に入門。同年松喜太夫を名乗り「道行初音旅」で初舞台。13年延寿太夫派に転じて5代目延寿太夫の直門となり、志寿太夫を襲名。14年立語(たてがたり)に昇進し、昭和18年師匠没後は延寿派(高輪派)を率いて清元節語り手の第一人者に。28年鷹司家より志賀大掾の掾号を許される。39年以来、数多くの海外公演に参加、なかでも中村歌右衛門とのコンビの「隅田川」は評判となった。31年人間国宝、53年芸術院会員となる。57年文化功労者に選ばれた。庶民的な美声家で、声の調子の高い独特の発声で人気を博した。平成8年長男・栄三郎も人間国宝となり、親子そろっての人間国宝として話題となった。自伝「清元ひとすじ」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

清元 志寿太夫
キヨモト シズタユウ


職業
清元節太夫(高輪派)

肩書
重要無形文化財保持者(清元節・浄瑠璃)〔昭和31年〕,日本芸術院会員〔昭和53年〕

本名
柿沢 竹蔵(カキザワ タケゾウ)

旧名・旧姓
柿沢 竹次郎

別名
前名=清元 松喜太夫(キヨモト マツキダユウ),掾号=志賀大掾

生年月日
明治31年 4月25日

出生地
神奈川県 横浜市山下町

経歴
小学校卒業後、紙屋や経師屋などに奉公しながら清元の稽古に励み、大正7年5代目清元延寿太夫に師事。12年清元流の5代清元喜久太夫に入門。同年松喜太夫を名乗り「道行初音旅」で初舞台。13年延寿太夫派に転じて5代目延寿太夫の直門となり、志寿太夫を襲名。15年「弥生の花浅草祭(三社祭)」(大阪・弁天座)で初のタテ語りをつとめ、昭和18年師匠没後は延寿派(高輪派)を率いて清元節語り手の第一人者に。28年鷹司家より志賀大掾の掾号を許される。39年以来、数多くの海外公演に参加、なかでも中村歌右衛門とのコンビの「隅田川」は評判となった。31年人間国宝に認定され、53年日本芸術院会員、57年文化功労者に選ばれた。庶民的な美声家で、声の調子の高い独特の発声で人気を博した。平成8年長男・栄三郎も人間国宝となり、親子そろっての人間国宝として話題となった。演奏を集成したものに「清元志寿太夫全集 清元五十番」(ビクター)があり、自伝に「清元ひとすじ」がある。

受賞
日本芸術院賞〔昭和42年〕,文化功労者〔昭和57年〕 勲三等瑞宝章〔昭和44年〕,勲二等瑞宝章〔平成11年〕 芸術選奨(第12回)〔昭和36年〕「高尾ざんげ」,NHK放送文化賞(第33回)〔昭和56年〕,伝統文化ポーラ賞(十周年記念特別大賞)〔平成2年〕,名古屋演劇ペンクラブ年間賞(特別選奨)〔平成6年〕

没年月日
平成11年 1月2日 (1999年)

家族
妻=清元 延香(柿沢とめ 清元節師匠),長男=清元 栄三郎(清元節三味線方),四男=清元 小志寿太夫,五男=清元 志佐雄太夫,七男=清元 志津朗(清元節三味線方),孫=清元 志寿子太夫,清元 志寿雄太夫(清元節太夫)

伝記
ぜんぶ芸のはなし―名人上手十八話 織田 紘二,中嶋 典夫 編著(発行元 淡交社 ’05発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

清元 志寿太夫 (きよもと しずたゆう)

生年月日:1898年4月25日
昭和時代;平成時代の清元節太夫(高輪派)
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報