コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清内路[村] せいないじ

世界大百科事典 第2版の解説

せいないじ【清内路[村]】

長野県南部,下伊那郡の村。人口889(1995)。木曾山脈南部,天竜川支流の阿智川上流域に位置し,東は飯田市に接する。典型的な山村で,ほぼ全域が山林・原野であり,かつては木炭の生産が盛んであったが,近年は葉タバコ,シイタケなどの栽培が中心になっている。近年,精密機械部品工場が進出しているが,伝統産業の木工業や手作り花火の生産も行われる。【萩原 毅】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

清内路[村]の関連キーワードアンコール朝寛平代襲相続ボリス1世ミハイルヤショバルマン1世ボリス(1世)ヤマダ電機アブドアッラフマーン賀茂の臨時の祭寛平

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android