清刷り・清刷(読み)きよずり

大辞林 第三版の解説

スル
印刷で、校正を終えた活版・凸版などを写真製版などの版下にするため、良質の紙にきれいに刷ること。また、そのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android