清宮 彬(読み)セイミヤ ヒトシ

20世紀日本人名事典の解説

清宮 彬
セイミヤ ヒトシ

大正・昭和期の洋画家,版画家



生年
明治19(1886)年12月23日

没年
昭和44(1969)年10月5日

出生地
広島

学歴〔年〕
東京府立第一中学校卒

経歴
白馬会葵橋洋画研究所に学び、大正元年木村荘八、岸田劉生フュウザン会を組織、第1回展に「静物」「自画像」を出品。3年には巽画会第14回展で2等賞。4年岸田らの草土社に参加、同人。作画のほか装丁で知られ木村荘八著「ニール河の艸」、中川一政詩集「見なれざる人」、草土社展目録の表紙を木版画で飾った。昭和6年日本版画協会会員、のち顧問。代表作「朝鮮風景」などがあるが、戦災でほとんど焼失。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

清宮 彬 (せいみや ひとし)

生年月日:1886年12月23日
大正時代;昭和時代の洋画家;版画家
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android