コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清掃困難箇所対策(5S用語) せいそうこんなんかしょたいさく

1件 の用語解説(清掃困難箇所対策(5S用語)の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

清掃困難箇所対策(5S用語)

5Sの清掃活動で、きれいに清掃しづらい箇所に対して対策を講じること。日常清掃を行っていくと、設備の下や裏側、狭い箇所など、清掃用具が届かずに汚れが残ってしまう箇所や、汚れがひどく清掃に時間や労力がかかってしまう箇所が出てくる。そういう清掃困難な箇所でもより効率良く清掃ができるように、清掃用具や清掃方法を工夫したり、対象箇所そのものを改善するなどして清掃時間の短縮や清掃レベルの向上を図っていく。 また、清掃活動には設備の点検や給油も含むとされており、清掃困難箇所対策も点検方法や給油方法の改善まで含めて取り組む場合がある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清掃困難箇所対策(5S用語)の関連キーワード一斉清掃(5S用語)清潔(5S用語)清掃(5S用語)日常清掃(5S用語)発生源対策(5S用語)清掃主殿司隷僕企業の社会的責任(CSR)夢をはぐくむ体験活動サポート事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone