コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清掃困難箇所対策(5S用語) せいそうこんなんかしょたいさく

1件 の用語解説(清掃困難箇所対策(5S用語)の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

清掃困難箇所対策(5S用語)

5Sの清掃活動で、きれいに清掃しづらい箇所に対して対策を講じること。日常清掃を行っていくと、設備の下や裏側、狭い箇所など、清掃用具が届かずに汚れが残ってしまう箇所や、汚れがひどく清掃に時間や労力がかかってしまう箇所が出てくる。そういう清掃困難な箇所でもより効率良く清掃ができるように、清掃用具や清掃方法を工夫したり、対象箇所そのものを改善するなどして清掃時間の短縮や清掃レベルの向上を図っていく。 また、清掃活動には設備の点検や給油も含むとされており、清掃困難箇所対策も点検方法や給油方法の改善まで含めて取り組む場合がある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清掃困難箇所対策(5S用語)の関連キーワード一斉清掃(5S用語)清潔(5S用語)清掃(5S用語)日常清掃(5S用語)発生源対策(5S用語)清掃主殿司隷僕企業の社会的責任(CSR)夢をはぐくむ体験活動サポート事業

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone