清水 六兵衛(6代目)(読み)キヨミズ ロクベエ

20世紀日本人名事典の解説

清水 六兵衛(6代目)
キヨミズ ロクベエ

昭和期の陶芸家(清水焼) 京焼窯元清水家当主(6代目)。



生年
明治34(1901)年9月13日

没年
昭和55(1980)年4月17日

出生地
京都府京都市東山五条坂

別名
幼名=清水 正太郎(キヨミズ ショウタロウ)

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)日本画科〔大正12年〕卒

主な受賞名〔年〕
帝展特選〔昭和6年・9年〕,全国陶芸展文部大臣奨励賞〔昭和25年〕,日本芸術院賞(昭30年度)〔昭和31年〕「玄窯叢花瓶」,ベルギー博覧会グランプリ〔昭和34年〕,紺綬褒章〔昭和38年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和47年〕,文化功労者〔昭和51年〕

経歴
父親から陶芸を学び、昭和2年第8回帝展で花びん「花と子」が初入選。以後、帝展、新文展、日展と出品を続け、特選受賞、審査員を歴任。20年6代六兵衛を襲名。23年京都陶芸家クラブを結成、後進の指導にあたる。釉薬や発色の研究と工夫に情熱を注ぎ、金銀の彩色に幽玄の趣をこめた“玄窯”を生み出し、代表作の「玄窯叢花瓶」は30年度日展出品作で日本芸術院賞を受けた。その後、金・銀彩を多用した華麗な“古稀彩”、“銀白泑”などの独創的な新技法を創案。37年日本芸術院会員、44年日展常務理事。51年には文化功労者に。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

清水 六兵衛(6代目) (きよみず ろくべえ)

生年月日:1901年9月13日
昭和時代の陶芸家
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android