清水 利太郎(読み)シミズ リタロウ

20世紀日本人名事典の解説

清水 利太郎
シミズ リタロウ

明治〜昭和期の盆栽家



生年
明治7年3月27日(1874年)

没年
昭和30(1955)年2月23日

出生地
東京・千駄木

別名
園号=清水園

学歴〔年〕
学習院卒

経歴
明治40年に苔香園木部米吉と共に、同好会東洋園芸会を結成、盆栽雑誌「東洋園芸会」を創刊。大正10年盆栽将励会(のち国風盆栽展と改称)を発足させるなど、昭和に到るまで盆栽界の発展に寄与。大正14年に大宮市盆栽村に盆栽培養の新開地を求めて入殖、根付けの技法に革新をもたらし、整枝の名人と評された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android