コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水の次郎長

1件 の用語解説(清水の次郎長の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

清水の次郎長

本名は山本長五郎(1820〜1893)。「海道一の親分」とも呼ばれ、浪曲などで江戸後期の博徒として広く紹介される。明治に入ってからは、富士の裾野(すその)の開墾や清水港の近代化などの社会活動に尽力した。現在、静岡市清水区の生家を中心に観光客が訪れるなど観光資源にもなっている。

(2007-06-12 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水の次郎長の関連キーワード永楽善五郎山本長五郎山本賞杵屋長五郎(初代)杵屋長五郎(2代)佐渡島長五郎(初代)末吉長五郎松永鉄五郎(7代)山本京四郎山本助五郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水の次郎長の関連情報