コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水の次郎長

1件 の用語解説(清水の次郎長の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

清水の次郎長

本名は山本長五郎(1820〜1893)。「海道一の親分」とも呼ばれ、浪曲などで江戸後期の博徒として広く紹介される。明治に入ってからは、富士の裾野(すその)の開墾や清水港の近代化などの社会活動に尽力した。現在、静岡市清水区の生家を中心に観光客が訪れるなど観光資源にもなっている。

(2007-06-12 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

清水の次郎長の関連キーワード東京大学阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ吉雄常三ジョージ[3世]艇盗の乱ブロンテ姉妹

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水の次郎長の関連情報