コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水六兵衛(三代) きよみず ろくべえ

1件 の用語解説(清水六兵衛(三代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

清水六兵衛(三代)

陶芸家。京都生。二代六兵衛の次男。幼名は栗太郎、号は祥雲。画は小田海僊に学ぶ。天保九年、家業を継ぐ。染付・青磁・赤絵等の作品が多く、作風は豪快の中に瓢逸性もある。都おどりの創始者。遷都後の京都復興に協力する。明治16年(1883)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水六兵衛(三代)の関連キーワード加藤渓山(二代)清水六兵衛(六代)近藤濶清水六兵衛(5代)清水六兵衛(6代)清水六兵衛(7代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone