清水 一郎(読み)シミズ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

清水 一郎
シミズ イチロウ

昭和期の野球選手,野球監督 全日本大学野球連盟専務理事;元・立教大学野球部監督。



生年
大正13(1924)年12月13日

没年
平成1(1989)年2月21日

出身地
東京

学歴〔年〕
立教大学経済学部〔昭和24年〕卒

経歴
立教大時代は俊足の外野手として活躍。卒業後は社会人のニッポンビール(現・サッポロビール)などで選手、監督を務め、昭和39年秋から43年まで立大監督。41年春、13シーズンぶりの優勝を果たした。57年から全日本大学野球連盟専務理事、59年には日米大学野球の日本選手団長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

清水 一郎
シミズ イチロウ


職業
俳優

本名
清水 長一

生年月日
明治32年 11月25日

出生地
東京市 日本橋区米沢町(東京都 中央区)

学歴
慶応商工〔大正8年〕卒

経歴
日本郵船勤務を経て、新派の伊井蓉峰一座に入る。昭和2年松竹蒲田に入社。「近代女房改造」で栗島すみ子の相手役でデビュー。戦後は、映画「警察日記」「私は貝になりたい」、テレビ「がしんたれ」などで脇役として活躍した。

没年月日
昭和63年 7月27日 (1988年)

家族
妹=清水 美佐子(女優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

清水 一郎
シミズ イチロウ


肩書
群馬県知事

生年月日
大正7年9月4日

出生地
群馬県前橋市

学歴
福島高商〔昭和13年〕卒

経歴
前橋商、前橋工教諭から昭和30年前橋市議、34年群馬県議に当選。45年副議長、49年議長を歴任し、51年以来県知事に4選。

受賞
勲二等旭日重光章〔平成1年〕

没年月日
平成3年6月12日

家族
三男=清水 澄(群馬ロイヤルホテル社長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清水 一郎の関連情報