コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清瀬 保二 Kiyose Yasuji

2件 の用語解説(清瀬 保二の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

清瀬 保二

大分県宇佐郡四日市町(現宇佐市)生まれ。1919年、作曲を志して旧制松山高校を中退。上京して山田耕筰に師事するものの、そのドイツ的な和声学に違和感を持ち、以後ほぼ独学で作曲を学ぶ。5音音階を駆使した素 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

清瀬 保二
キヨセ ヤスジ

昭和期の作曲家



生年
明治33(1900)年1月13日

没年
昭和56(1981)年9月14日

出生地
大分県

学歴〔年〕
松山高校中退

経歴
20歳の時上京、山田耕筰に師事したが、志を得ず鹿児島で生活、昭和3年再び上京、自作の歌曲「いつとなく」がレコード化され作曲家としてデビュープリングスハイムに師事、ピアニストとしても活躍。5年新興作曲家連盟発起人の一人となった。この組織は21年に日本現代音楽協会へ発展、委員長を長く務めた。一方、21年に作曲グループ「新作曲派」を結成、メンバーには松平頼則早坂文雄、大築邦雄らがいた。38年日本音楽舞踊会議発足とともに推されて委員長となった。作品は管弦楽曲室内楽曲ピアノ曲、歌曲などにわたり、初期の「石川啄木歌曲集」から5音音階に基礎をおく民族主義的作風のものなども多い。代表作「日本祭礼舞曲」「弦楽三重奏曲」「ヴァイオリンとピアノの二重奏レクイエム無名戦士」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清瀬 保二の関連キーワード敷田年治宇佐市宇佐宇佐神宮宇佐産業科学高校上田春荘菟狭津彦大神比義水之江文二郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清瀬 保二の関連情報