コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清瀬 保二 Kiyose Yasuji

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

清瀬 保二

大分県宇佐郡四日市町(現宇佐市)生まれ。1919年、作曲を志して旧制松山高校を中退。上京して山田耕筰に師事するものの、そのドイツ的な和声学に違和感を持ち、以後ほぼ独学で作曲を学ぶ。5音音階を駆使した素 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

20世紀日本人名事典の解説

清瀬 保二
キヨセ ヤスジ

昭和期の作曲家



生年
明治33(1900)年1月13日

没年
昭和56(1981)年9月14日

出生地
大分県

学歴〔年〕
松山高校中退

経歴
20歳の時上京、山田耕筰に師事したが、志を得ず鹿児島で生活、昭和3年再び上京、自作の歌曲「いつとなく」がレコード化され作曲家としてデビュー。プリングスハイムに師事、ピアニストとしても活躍。5年新興作曲家連盟発起人の一人となった。この組織は21年に日本現代音楽協会へ発展、委員長を長く務めた。一方、21年に作曲グループ「新作曲派」を結成、メンバーには松平頼則早坂文雄、大築邦雄らがいた。38年日本音楽舞踊会議発足とともに推されて委員長となった。作品は管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲、歌曲などにわたり、初期の「石川啄木歌曲集」から5音音階に基礎をおく民族主義的作風のものなども多い。代表作「日本祭礼舞曲」「弦楽三重奏曲」「ヴァイオリンとピアノの二重奏」レクイエム無名戦士」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

清瀬 保二 (きよせ やすじ)

生年月日:1900年1月13日
昭和時代の作曲家。日本現代音楽協会委員長;日本音楽舞踊会議委員長
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

清瀬 保二の関連キーワード小船 幸次郎橋本 國彦渡辺浦人生年月日伊藤 昇武満 徹松村禎三武満徹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android