コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清里[村] きよさと

世界大百科事典 第2版の解説

きよさと【清里[村]】

新潟県南部,中頸城(なかくびき)郡の村。人口3158(1995)。東頸城丘陵南西部と高田平野南東端の低地からなり,関川支流の櫛池川の谷と扇状地に集落が発達している。近世は大部分が天領で,1693年(元禄6)には上江用水が通じ扇状地面の水田化が進められた。稲作が唯一ともいえる村の産業である。山間部には地すべり地域があるが,河川改修や地すべり関連圃場整備事業などがほぼ完了している。信越本線高田駅からバスが通じており,上越市への通勤者も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android