コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清閑宗瑾

美術人名辞典の解説

清閑宗瑾

江戸後期の臨済宗の僧。大徳寺四百四十六世。は宗瑾、道号を清閑。石窓宗恪に参禅し、のち渋谷香林院に転住する。東海輪番を二度務めた。嘉永4年(1851)寂、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android