コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清閑宗瑾

美術人名辞典の解説

清閑宗瑾

江戸後期の臨済宗の僧。大徳寺四百四十六世。は宗瑾、道号を清閑。石窓宗恪に参禅し、のち渋谷香林院に転住する。東海輪番を二度務めた。嘉永4年(1851)寂、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android