清閑宗瑾

美術人名辞典の解説

清閑宗瑾

江戸後期の臨済宗の僧。大徳寺四百四十六世。は宗瑾、道号を清閑。石窓宗恪に参禅し、のち渋谷香林院に転住する。東海輪番を二度務めた。嘉永4年(1851)寂、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android