渋谷天外(初代)(読み)しぶや てんがい

  • 渋谷天外(初代) しぶや-てんがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1882-1916 明治-大正時代の喜劇俳優。
明治15年生まれ。俄師(にわかし)鶴屋団十郎に入門し,鶴屋団治を名のる。のち曾我廼家(そがのや)一座をへて,明治40年中島楽翁(らくおう)と喜劇劇団を結成。天外と改名し,ふたりの名にちなみ楽天会と名づける。淡々とした芸風で人気をあつめた。大正5年12月17日死去。35歳。和歌山県出身。本名渋谷(しぶたに)博喜智。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android