コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋谷天外(2代) しぶや てんがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋谷天外(2代) しぶや-てんがい

1906-1983 大正-昭和時代の喜劇俳優,劇作家。
明治39年6月7日生まれ。初代渋谷天外の長男。昭和3年曾我廼家十吾(そがのや-じゅうご)と松竹家庭劇を結成し,翌年2代目天外をつぐ。23年松竹新喜劇を創立し,藤山寛美(かんび)らをそだてる。館直志(たて-なおし)の筆名で「桂春団治」「わてらの年輪」などの脚本を執筆した。昭和58年3月18日死去。76歳。京都出身。本名は渋谷(しぶたに)一雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渋谷天外(2代)の関連キーワード昭和時代劇作家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android