コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渓道元

美術人名辞典の解説

渓道元

黄檗宗万福寺第五二代住持。名は仁明、号は謙堂。京都宮津の人。15年間中国・印度仏跡巡拝、帰国して鹿島の普明寺に入り、のち滋賀正明寺・朝鮮覚心寺に住す。戦後は黄檗山塔頭万松院に住し、昭和31年万福寺第五二代を継席した。昭和41年(1966)寂、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android