コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減り・乙 めり

大辞林 第三版の解説

めり【減り・乙】

〔動詞「減る」の連用形から〕
へること。損失。出費。 「一両や二両の、-の出るのは当然あたりめえだ/人情本・雪の梅」
日本音楽で、音高を標準よりも低めにすること。多くは管楽器、特に尺八でいう。 ⇔ かり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

減り・乙の関連キーワード人情本かり