コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減圧症(潜水病/潜函病) げんあつしょうせんすいびょうせんかんびょう

1件 の用語解説(減圧症(潜水病/潜函病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

げんあつしょうせんすいびょうせんかんびょう【減圧症(潜水病/潜函病)】

 気圧の高い環境では、体内のガスは、体液中に溶けていますが、短時間で、ふつうの場所にもどると、ガスが気泡(きほう)になり、血管につまったり、周囲の組織を圧迫したりして、障害がおこります。
 これが減圧症で、海中の潜函(せんかん)内の作業から、急に浮上したときにおこるので、潜函病、潜水病ともいいます。
 近年、遊びとして普及しているスキューバダイビングでも同じ症状がおこることがあります。
●症状
 手足の筋肉が痛むⅠ型(骨筋肉型減圧症(こつきんにくがたげんあつしょう)、ベンズ)、中枢神経障害(ちゅうすうしんけいしょうがい)、呼吸・循環器障害、内耳前庭障害(ないじぜんていしょうがい)の症状を示すⅡ型があります。
 かゆみ、発疹(ほっしん)などの皮膚症状を示すタイプもあります。
●治療
 高圧酸素装置に入り、高い気圧の環境にからだをもどし、気泡になっているガスを体液中に溶かします。それから、徐々に気圧を下げ、ふつうの気圧にもどします。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone