コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減圧症(潜水病/潜函病) げんあつしょうせんすいびょうせんかんびょう

1件 の用語解説(減圧症(潜水病/潜函病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

げんあつしょうせんすいびょうせんかんびょう【減圧症(潜水病/潜函病)】

 気圧の高い環境では、体内のガスは、体液中に溶けていますが、短時間で、ふつうの場所にもどると、ガスが気泡(きほう)になり、血管につまったり、周囲の組織を圧迫したりして、障害がおこります。
 これが減圧症で、海中の潜函(せんかん)内の作業から、急に浮上したときにおこるので、潜函病、潜水病ともいいます。
 近年、遊びとして普及しているスキューバダイビングでも同じ症状がおこることがあります。
●症状
 手足の筋肉が痛むⅠ型(骨筋肉型減圧症(こつきんにくがたげんあつしょう)、ベンズ)、中枢神経障害(ちゅうすうしんけいしょうがい)、呼吸・循環器障害、内耳前庭障害(ないじぜんていしょうがい)の症状を示すⅡ型があります。
 かゆみ、発疹(ほっしん)などの皮膚症状を示すタイプもあります。
●治療
 高圧酸素装置に入り、高い気圧の環境にからだをもどし、気泡になっているガスを体液中に溶かします。それから、徐々に気圧を下げ、ふつうの気圧にもどします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

減圧症(潜水病/潜函病)の関連キーワード気圧の谷体液微気圧計気圧の尾根気圧配置温暖高気圧ガスハイドレート切離高気圧高圧環境肺胞ガス式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone