コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減酸症/無酸症 げんさんしょうむさんしょう Hypoacidity / Achlorhydria

1件 の用語解説(減酸症/無酸症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

げんさんしょうむさんしょう【減酸症/無酸症 Hypoacidity / Achlorhydria】

[どんな病気か]
 胃粘膜(いねんまく)の塩酸分泌が低下し、胃液中の塩酸、すなわち胃酸(いさん)が少ない病態を減酸症(げんさんしょう)といいます。
 また、胃酸がまったくないことによっておこる病態を無酸症(むさんしょう)といいます。
 胃酸分泌能の低下は、胃粘膜の壁細胞(へきさいぼう)の減少・機能低下を意味し、胃粘膜の萎縮(いしゅく)にともないます。たんぱく分解酵素であるペプシンは、胃酸によってペプシノーゲンからできます。また、胃酸は、口から侵入してくる細菌に対し、抗菌作用をもっています。したがって、減酸症や無酸症では、消化吸収障害や腸炎をおこしやすくなります。
 胃酸分泌の低下は、胃手術後、慢性胃炎のうちとくに萎縮性胃炎(いしゅくせいいえん)にみられ、胃がんにともなうことがあります。悪性貧血(あくせいひんけつ)(巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ))では、高度の萎縮性胃炎がみられ、減酸症、無酸症をおこします。また、WDHA症候群(水様性下痢(すいようせいげり)・低カリウム血症・無酸症を主症状とする疾患)では、無酸症がみられます。
[検査と診断]
 ガストリン、またはヒスタミンを注射し、チューブから胃液を採取する胃液検査で、胃酸分泌能を測ります。
 また、血中ペプシノーゲン値、とくにペプシノーゲンのⅠ/Ⅱ比は、胃粘膜の萎縮度と相関しているので、これを測ることによって胃酸分泌能を推測できます。
 慢性胃炎や胃がんの診断には、X線検査や内視鏡が必要となります。
 WDHA症候群では、VIP(血管作用性腸ペプチド)をはじめとする血中ホルモンの測定やホルモン産生腫瘍(さんせいしゅよう)の検索が必要です。
[治療]
 塩酸自体の補充が必要ですが、塩酸リモナーデの服用が行なわれます。香辛料(こうしんりょう)、コーヒーなどは、胃酸の分泌を促しますので、アルコールとともに、適量を摂取するのはかまいません。しかし、禁煙は必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

減酸症/無酸症の関連キーワード粘膜皮膚粘膜眼症候群腸粘膜ドンマイ何心地粘膜内癌不死身腹膜偽性粘液腫梅年惟念

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone