コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡る・渉る・亘る わたる

大辞林 第三版の解説

わたる【渡る・渉る・亘る】

( 動五[四] )
人・動物・乗り物が、川・海や道などを横切って向こう側へ移動する。 〔水の場合は「渉る」とも書く〕
間をさえぎるものを越えて、向こう側に移る。 「太平洋を船で-・る」 「川を泳いで-・る」 「通りを-・る」
橋や通路を通って向こう側に移る。 「橋を-・る」 「横断歩道を-・る」 「踏切を-・る」
海などで隔てられた地点へ移動する。外国へ行く。 「シベリアから日本へ-・って来る白鳥」 「彼は若い時に南米へ-・って農場を始めた」
風などが、ある場所を通って吹く。 「梢こずえを-・る風」 「水面みなもを-・る風が快い」
あちらこちらと移る。 「あちこちの店を-・ってきた職人」
世間の人々の間で暮らしてゆく。生きてゆく。 「巧みに世の中を-・ってゆく」 「 - ・る世間に鬼はない」 「いかにしつつか汝が世は-・る/万葉集 892
物が、ある人の手元から他の人へ移動する。
(主に「…の手に渡る」の形で)ある人の所有物が他の人のものとなる。 「先祖伝来の田畑でんぱたも今はみな人手に-・ってしまった」 「極秘書類が他社の手に-・る」
物を複数の人に配って、それぞれの人の手に届く。ゆきわたる。 「この資料は出席者全員に-・るだけ用意してある」
〔「亘る」とも書く〕 ある範囲に及ぶ。
要する時間・回数・数量が、ある大きな数値に達する。 「この問題については、一〇〇ページに-・って詳しく論ぜられている」 「再三に-・って警告した」 「二か月に-・る大旅行」
広い範囲に及ぶ。くまなく及ぶ。 「各分野に-・る広い学識を備えている」 「研究は多岐に-・っている」 「原因を細部に-・って調べる」 「話が私事に-・って恐縮ですが…」
一方から他方に及ぶ。 「公私両面に-・ってお世話になった」 「この三時の業、善悪に-・るなり/正法眼蔵」
他の動詞の連用形に付いて、その動作が続く意を表す。
広い範囲に…する。一面に…する。 「青み-・る」 「知れ-・る」
長い時間…する。…し続ける。 「命死ぬべく恋ひ-・るかも/万葉集 599
ある場所へ行く。また、ある場所へ来る。 「上にも聞こし召して、-・りおはしましたり/枕草子 9
人・乗り物がある地点を通過する。 「ある御達の局の前を-・りけるに/伊勢 31
鳥が空を飛ぶ。太陽や月が空を移動する。 「はつかりの鳴きて-・ると/古今 恋四
広がる。広く及ぶ。 「雲の薄く-・れるが/源氏 薄雲
年月がたつ。年月を送る。 「ありさりて後も逢はむと思へこそ露の命も継ぎつつ-・れ/万葉集 3933
(尊敬を表す語と共に用いて)「ある」「いる」の尊敬語。おありになる。いらっしゃる。 「君の御世に-・らせ給はんを見参らせで死に候はん事/平家 11
(補助動詞) 形容詞・形容動詞の連用形および断定の助動詞「なり」の連用形「に」、または、それに接続助詞「て」を添えたものに付く。叙述の意を添える「ある」を敬っていう。…でいらっしゃる。…でおいでになる。 「おろかに-・らせ給ふ物かな/曽我 3」 「さきのきさいの宮にて、幽なる御ありさまにて-・らせ給ひしかば/平家 1」 〔「渡す」に対する自動詞〕
[可能] わたれる
[慣用] 危ない橋を- ・石橋を叩たたいて- ・世を-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android